院長挨拶

はじめまして、エンプレス歯科院長の大石と申します。

患者さんの大半は歯痛や歯周病など何かトラブルを感じて来られます。

では、歯科医として求められるのは、丁寧な診断、症状にあった適切な治療で痛みを取り除き、早く患者さんの心配をなくして差し上げること。そのスピードと正確性を高めるために私たちは日々改善を重ねています。

最新機器を取り入れるのもその一つです。たとえば歯科用CTがあればこれまで見つけにくかった歯根や歯ぐきのトラブルまで即座にわかり、早く効果的な治療方針を立てることができます。初期虫歯や切患者さんの痛みや心理的な負担を減らしつつ適切な治療ができます。

皆さんが気軽に来院できる歯医者だからこそ、この場であらゆる症状に対処できる町医者でありたい。
それが私の目標です。

しかし機械だけが治療を行うのではありません。不安な気持ちでいらっしゃった患者さんのお話をうかがい、安心していただくためにはスタッフの対応力も重要です。

受付、歯科衛生士、歯科医にいたるまで「患者さんが何を望まれているか、不安はないか」をしっかり把握できるよう教育や研修を行っています。

患者さんから言われるのは、
「あそこの歯医者は何も言わずに治療する」
「説明もなく自費ばっかりすすめられる」
「見てくれるだけなのにインプラントいれられた」

などなど、ここから導き出される答えはしっかりと信頼関係がなりたっていないのです。
説明と掲示できる書類があれば、治療に関しても色々選択できるのです。
また、エンプレス歯科で治療が終わると患者さんは「先生全然怖くなかった、前の歯医者と違うね」「いつもは痛みとかあるんだけど今回は全然なかったよ!」等の有難い言葉を頂戴してます。

治療だけでなく、安心感や居心地の良さを評価していただけるのは本当にありがたいことです。

これからも患者さんと長くおつき合いできる歯科医をめざします。

当院では他の歯医者と違うところは割と早めに「いつまでも削って詰めて抜く治療ばかりをしていてはダメだ!」と気付いたおり、予防を重視した診療にシフトしています。

近年では、歯の喪失と認知症の関係性が明らかになり、口腔ケアと誤嚥性肺炎の発症率の関連も分かってきました。口腔疾患を予防することは、患者さんの人生を守ることにも繋がる、非常に重要なミッションです。お口の健康をできるだけ長く保つことで、全身の健康を守ることができ、健康寿命を延ばすことができるということは、歯の寿命を伸ばす▶️歯にかけるメンテナンスの費用を安価にすることができる!ということです。

患者さんにも予防の重要性についてご理解いただいて、たくさんの患者さんのお口の健康を守るために、患者さん自身の力が必要です!

略歴
鶴見大学卒業
・鶴見大学と中山駅の大手法人研修施設で、沢山の症例と研鑽をつむ。
・相模大野の法人にて、2年間研修をかねる。
・令和2年に、「エンプレス歯科」を開院。
・自分のやりたい治療をする為に院長になる。アメリカ合衆国に本社を置くソーシャル・ネットワーキング・サービスにて歯医者界隈で研鑽を続けており、歯科技工士、歯科衛生士、歯科助手、歯科医師の超エリート集団の中にて日々研鑽している。
・歯医者クラスタ(クラスタとは集まりという意味)という概念を形成した。

タイトルとURLをコピーしました